無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
" 切なく、儚く、愛おしく。"
ポートレイト、スナップ、カメラレビューなど。

<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



      スポンサーサイト

      [ スポンサー広告 ]   --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)  |   トラックバック(-)



      XF56mmF1.2 R APD

      [ レビュー ]   2014/12/13(土)


DSCF2796.jpg
X-T1 + XF56mmF1.2 R APD


XF56mmF1.2 R APD を購入してみました。

XF56mmF1.2 R APD は既存の XF56mmF1.2 RAPD と呼ばれるフィルター
を内蔵したモデルで、ボケの輪郭がにじむように溶けるのが特徴です。

似たようなレンズにソニーの 135mm F2.8 [T4.5] STF がありますが、
ソニーの方はMF限定でAFが使えません。XF56mmF1.2 R APD は
AFが使えます(嬉。


5R0A0371_20141213113819902.jpg


クリスマスシーズンなのでどうしても点光源のイルミネーションを背景に使った
カットが多くなったのですが、ボケが主役になるようなカットだと、ボケのエッジが
立っていたほうがキラキラ感が出て画になるため、そうでないこのレンズは少し
期待外れな感じでした(笑。

これはインタビュー記事に書いてあるとおりで、背景が派手な場合はノーマルの
方が良いかもしれません。逆に、柔らかくしっとりしたシーンなどの撮影では
APDが活躍しそうです。


結局、ノーマルとAPD両方持っておいて、撮影するシーンに応じて使い分ける
というのがベストのようです。


DSCF2828.jpg
X-T1 + XF56mmF1.2 R APD


それから注意すべき点は、コントラスAFのみとなり位相差AFが使えなくなるため、
撮影シーンによっては若干AF速度が低下します。とはいえAFが使えるのは
とても有り難いです。


DSCF3005.jpg
X-T1 + XF56mmF1.2 R APD


せっかくのAPDなので、ボケの大きさがより大きくなる長めの焦点距離で
撮影してみたいところです~。

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )




トラックバック トラックバックURLはこちら
http://sorryfull.blog8.fc2.com/tb.php/2600-d1dc76d8



<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。