無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
光のポートレイト ~切なく、儚く、愛おしく。

<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



      スポンサーサイト

      [ スポンサー広告 ]   --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)  |   トラックバック(-)



      ミラーレス 続々

      [ レビュー ]   2014/03/22(土)


DSCF1593-Edit.jpg
X-T1 + XF56mmF1.2 R


ここのところ魅力的なミラーレスが次々とリリースされている。
そしてそれらの熟成具合が凄い。

気がつけば、去年年末から今までで買ったミラーレス機はGM1α7E-M10X-T1
α6000と5台。。もちろん、それぞれに狙いや用途があり、その基準に達しなければ
手放してしまう予定なのだが、それにしても充実している。



最初に買ったのはGM1。これに75mmF1.8を付けると、超小型換算150mmF1.8の
スナップマシーンのできあがり。シャッター音が小さい点も気に入っている。
スナップばかりでなく、ポートレートも撮れる。さすがにマイクロフォーサーズは
イメージセンサーがちいさいので高感度は厳しくなるが、それでも一昔前に
比べたら格段に良くなっている。

ただし、手ぶれ補正が無いため、75mmを付けていると(手ぶれを防ぐために)
やたらとシャッター速度もしくはISOが上がってしまう。それと、背面液晶が
チルトしないので、ウエストレベルからの撮影が困難なのが欠点である。

という不満を週に一回ぐらいつぶやいていたら、「オリンパスのE-M10なら
手ぶれ補正付いてるし、背面液晶もチルトしますよ」と言われたので、E-M10も
試してみることにした。ブラックを選んだのでまだ手元には届いていないが、
期待は大きい。


マイクロフォーサーズ機は、解像感も高感度画質もかなり良くなり、ブログに
掲載する程度の大きさであれば他の機種と比べても遜色はなくなってきたが、
大きいサイズで使ったり、高感度を多用するのであれば、より大きいセンサー
を積んだカメラが有利となる。

というわけで、APS-Cサイズのセンサーを積んだα6000とX-T1だ。


DSC03731.jpg
α6000 + E 10-18mm F4.0 OSS


α6000は既にレビュー記事を書いたが、とにかくAFが速いのが特徴だ。

旧来のミラーレスカメラの最大の弱点はAFの遅さであり、AF-C(コンティニュ
アスAF)の頼りなさであったが、α6000はそれを見事克服した。

さらに、コストパフォーマンスを重視しているのでファーストステップのカメラ
として非常に手を出しやすい。動き回る子供を綺麗に撮りたいという、ママ・
パパには最適な一台となるだろう。


なにげに画素数も凄くて、フルサイズ機たるα7と同様6000 x 4000ピクセルもある。
しかし、何故、水準器を外した?なんで、水準器を外したんだ?写真の種類に
よっては、水平を出すことが恐ろしく重要なことがあるのに…。



一方のX-T1は画質番長。解像感と高感度画質はAPS-Cカメラではダントツ。
X-T1の印象はざっとここに書いたが、高感度画質に関しては、フルサイズにも
手が届くのではないかというレベル。

従来のXシリーズで、既に画質的にはフルサイズに追いついてきているので、
あとはファインダーサイズ…なんて思ってたら、EVFもドでかくなった(笑。
α7のEVFよりも広い。

Xシリーズ中最もバランスの取れた機種に仕上がっている。外観上の特徴から
女子に人気があるのもポイントだ。



そしてフルサイズ機のα7。現在α7にはSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAと、
ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIの二本を使っている。

基本的には


私は高感度を多用するため、イメージセンサーが大きくて高感度に強いフルサイズ
は、いわば必須条件だったのだが、Xシリーズの台頭により、徐々に疑問符が生じ
つつある。とはいえ、今のところAF速度はα7の方が速いので、α7がサブカメラと
してのレギュラーポジションをキープしている。


ただし、α7はまだ出たばかりなので、レンズのラインナップが弱い。いくつか
出ているがF4通しレンズが多いので、作品撮りなどにはなかなか使いづらい。
これからが期待される。早く135mmF2.0が出ないかと、ずーっと夢見ているw。

まれに起動すると5秒程度待たされる(バージョンアップ後も同様)、アイセンサー
の感度が良すぎるので、ウエストポジションで撮影しようとするとセンサーが体に
反応してしまい液晶モニターが消えてしまう、といった不満もあるが、トータルでは
非常に満足度の高い機種である。

手ぶれ補正付きのモデルが出てくれれば…最高ですw。



コメント ( 2 )  |   トラックバック ( 0 )


 (haratta #- URL)
いつも楽しく読ませていただいております。
ミラーレスいいですね!
私もついに一眼レフのシステムを縮小して、ミラーレスに移行しようと思います。

重箱の隅をつつくようであれですが、自己紹介の文章で『完結で分かり易い文章には定評がある』とありますが、『簡潔』では無いでしょうか。

いつも、しょういちさんの文章は読みやすく、分かりやすく、読んでいて飽きません。
これからもたくさんのレビュー記事や撮影方法など教えてくださいませ。
[ 編集 ]


 (しょういち #- URL)
コメントありがとうございます~! ミラーレスもいよいよ成熟してきた感があります。今後の進化も楽しみですね~。

ご指摘ありがとうございます。早速修正しました。今後ともよろしくお願い致します…!
[ 編集 ]




トラックバック トラックバックURLはこちら
http://sorryfull.blog8.fc2.com/tb.php/2481-f6a5d8e7



<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。