無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
" 切なく、儚く、愛おしく。"
ポートレイト、スナップ、カメラレビューなど。

<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



      スポンサーサイト

      [ スポンサー広告 ]   --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)  |   トラックバック(-)



      Unripe Photographer's Super Private Meeting in Oiso

      [ レポート ]   2013/09/05(木)


先日、小澤忠恭先生主催の「Unripe Photographer's Super
Private Meeting in Oiso」に参加してきました。


DSC02854.jpg
(Photo by NEX-5T + E 10-18mm F4 OSS)



最初に、これがどんな会なのか説明しようとすると…、ちょっと難しい。
「写真を一生懸命やっている人が。小澤忠恭先生を囲んで、大いに写真を
語り合う会」というのは間違いでは無いけれど、この会の本質を捉えた
言葉ではありません。(この概略を書いたのはボクですがw。)


この会は、写真教室ではないし、写真の極意をアレコレ直接的に学べる会
でもありません。強いて言うならば、あちこちにヒントがちりばめられている、
宝箱の鍵探しのようなもの。

宝箱の鍵は、先生の言葉の節々に隠されているかもしれないし、参加者が
撮った写真のどこかに隠されているかもしれないし、その日自分がカメラを
構えた瞬間に見つかるかもしれません。

しかも、見付けたとしても、それは宝ではなく、あくまでも宝箱の鍵。
宝箱を探し当てられるかどうか、そして、どんな宝が入っているかは、
自分次第。

直ぐに写真が上手くなりたいという人にはまどろっこしいかもしれませんが、
これは何も勿体ぶっているわけではなく、自分の写真に深みを増すための
一つの手法なのではないかと思います。


今回は2枚のプリントを持参することになっていました。テーマは「プリミ
ティブな意味での『街角スナップ』」。ボクはそれを「街角を行き交う人々の
息吹が聞こえたり、生活感が見え隠れするような瞬間を捉えたカット」という
風に解釈しました。

ですが、なかなか良いのが撮れず。開催前日の夕方にようやく「これだ!」
というカットを撮ることができ、夜にプリントしました。

後ほど参加者のみなさんが提出したプリントをまとめたページを用意します
のでお待ち下さい。また、会の当日に、参加者の方々が撮影された写真を
こちらから見ることができます。



小澤忠恭先生による当日のレポート記事

Unripe Photographer's Super Private Meeting in Oisoのページ


* ご参加の際はグループページの「情報」タブをクリックし、参加要件をご確認ください。
よろしくお願いします。

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )




トラックバック トラックバックURLはこちら
http://sorryfull.blog8.fc2.com/tb.php/2406-5c342895



<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。