無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
光のポートレイト ~切なく、儚く、愛おしく。

<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



      SONY NEX-5T ギャラリー撮影秘話 その3

      [ レポート ]   2013/08/30(金)


NEX-5Tギャラリー 撮影に関するお話です。


DSC09604.jpg
photo by NEX-5T 1/80sec. ISO100 F2.2 (E 35mm F1.8 OSS)


雨が降っているシーンをギャラリーに加えたいと思い、この日も 東京の雨雲の
動き(降水短時間予報)
をチェック。すると、撮影を開始する頃に、お台場よりも
西側でゲリラ豪雨が降るという予報。

雨が確実な内陸部で撮るか。それとも予報では降らないとされている臨海部で
撮るか。判断に悩みつつも、このぐらい激しいゲリラ豪雨なら多少の雨雲が
流れくるのはないかと判断し、撮影場所をお台場に決定。


現地に到着すると、空は今にも雨が降りそうなどんよりとした曇天ながら、雨の
気配はナシ。今まで何度も「雨が降りそうだけ降らず、そのまま暗くなったので
夕焼けも雨のシーンも撮れなかった」ということを経験しているだけに、今日も
駄目かなと不安がよぎる。

すると西の方の雲が一部切れてきて、綺麗なオレンジ色の空が顔をのぞかせる。
「これは今日も雨は来ないのかな?」と思いつつ、とりあえず辺りの景色を
撮っていると、ぽつぽつと弱い雨が。


雨の勢いはまだ弱く、これではイメージしている写真が撮れないため、どうした
ものかと思案していると、モデルさんが「ゲリラ豪雨が来ますよ!私、先日ゲリラ
豪雨に遭ってびしょ濡れになったのですが、その時まさにこんな空気でした!」と
言うので、半信半疑に思いながらも撮影の準備を開始すると…。



来た。激しいゲリラ豪雨が。すぐに飛び跳ねるようにして準備を行い、撮影開始。
ゲリラ豪雨はすぐに去ってしまう。失敗は許されない。

ベイブリッジの向こう側の雲に切れ目があり、雨なのに夕焼けの色が出るという
最高のシチュエーション。濡れるのも構わず両膝を地面につき、ストラップには
できる限りテンションをかけ、カメラをぶらさないようにしてシャッターを切る。

あまりの雨の激しさに、モデルさんへの指示は怒鳴るようにしないと伝わらない中、
一滴の雨粒も無駄にはせぬよう、猛烈に撮影を行った。

(* NEX-5Tは防滴仕様ではありません。雨の中での撮影の際はビニール袋や
タオル等を被せて自己責任でご利用下さい。)





コメント(-)  |   トラックバック ( 0 )


トラックバック トラックバックURLはこちら
http://sorryfull.blog8.fc2.com/tb.php/2405-43969d6a



<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>