無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
" 切なく、儚く、愛おしく。"
ポートレイト、スナップ、カメラレビューなど。

<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



      スポンサーサイト

      [ スポンサー広告 ]   --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)  |   トラックバック(-)



      SONY NEX-5T ギャラリー撮影秘話 その1

      [ レポート ]   2013/08/27(火)


今回のNEX-5Tギャラリー撮影に関するお話を少し…。



DSC09545s.jpg
( photo by NEX-5T )

今回は夕景/夜景をテーマにした作品群を撮るということだったのですが、実際に撮影を
始めてから気がつきました。撮影時間が少ないよ!

これが普通の撮影だったら…たとえば、朝9時から撮影開始して、夜7時に終えたとして、
1日で10時間。納期が30日だとすると、トータルで300時間の撮影時間があります。

と・こ・ろ・が! 夕景/夜景だと、ベストの撮影タイミングは日没前後30分ほど。つまり
1日でわずか1時間。納期が30日だとするとトータルで30時間しかありません。
なんたる圧倒的不利!(実際は夜の空の色が出なくなっても撮っていましたが…笑。)


しかも、撮影ポイントを気軽に変えることもできません。

これが普段の撮影なら、8時に出発して、9時に撮影場所到着。10時になったらあっちに
移動して…12時になったら別の場所に…さらに15時でこっち…なんて具合に複数のポイント
を回ることができます。

と・こ・ろ・が! 一日のうちで夕日を撮ることができるのはわずかな時間帯。夜の空の
色が綺麗に出るのもわずかな時間帯。少し撮影場所を変えるだけでも、ベストの時間帯を
逃してしまう恐れがあります。

なので常に選択を迫られるわけです。これから天候は変化するのか?ここでベストの写真を
撮ることができるのか?移動するとして、よりベターな写真が撮れる場所はどこなんだ?
こういったことを常に考えて行動していました。



さらに、モデルさんは、ボクの負担を減らすべく撮影場所に応じて衣装を選んでくれるので、
事前に「浅岡さん、明日は何処で撮るんですか?撮影場所に合わせた衣装を用意します。」
なんて質問が事前に飛んでくるのですが、答えられません(笑。

雲の動きはすぐに変わ可能性があるので、ギリギリまでどこで撮影するかの判断を保留したい
のです。「今日は夕日が出るのか。」「雲は一瞬でも切れるのか。」「切れないとしたら雲
だらけでも雰囲気の出る撮影場所はどこか。」

時には移動中に空を見ながら目的地を変えたことも(笑。


また、モデルさんのスケジュールも限りがあるので、無駄にすることはできません。
今日撮れなかったから明日…というのはできませんし、いくら天気が良くてもモデル
さんのスケジュールを押さえていない日であれば意味がありません。



途中からtenki.jpの「東京の雨雲の動き(降水短時間予報)」というページを見付け、
ある程度雲の動きを正確につかめるようになり、これでかなり楽になりました。
とはいえ、それでも常に選択と決断のプレッシャーに晒される20日間でした。





コメント(-)  |   トラックバック ( 0 )


トラックバック トラックバックURLはこちら
http://sorryfull.blog8.fc2.com/tb.php/2401-3587a3f2



<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。