無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
" 切なく、儚く、愛おしく。"
ポートレイト、スナップ、カメラレビューなど。

<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



      FALKENのZIEX ZE912

      [ つぶやき ]   2012/07/08(日)


愛車のタイヤをブリジストンのRE050からFALKENのZIEX ZE912に変えて
3ヶ月ほど経ったので簡単なインプレッション。


タイヤの限界を探るような攻める走りはまだ一度もしておらず、基本的には
通常走行だけなのですが、首都高の某号線では周りの車が付いてこれない
ようなペースで何度か走行しました。

それでもドライではまだタイヤの限界が見えず、不安無く走ることができます。


私の車はエキゾーストノイズがうるさめなので、はっきりとした違いを
感じることが難しいのですが、ロードノイズも若干減ったような感じ。
運転後の疲労度も軽減されたような気がします。



一方で、ウエット時にいつものペースでコーナーを抜けようとすると、リアは
ばたつき、TRCの警告音がビービーと頻繁に鳴るという状況(笑)。すぐに
危機的状況に陥るわけではなく、まだコントローラブルなのでその都度アクセルを
使って車体姿勢をコントロールすることはできますが、RE050を履いていたような
ペースで走ることはできません。

「雨天時の事故発生率は晴天時の6倍」という言葉を我が事として受け止めることが
できる状況です。


何でもない市街地の十字路で一時停止してから発進する際、マンホールの蓋
をリアタイヤが踏むと、(全く危険ではありませんが)わずかにリアが滑るのを
感じることも少なくありません。



今回は、そんなに激しい走りはもうしないだろうという前提でZIEX ZE912に
変えたので、この比較結果は納得なのですが、やはり、RE050のウエット性能は
別次元ですなぁ~。


コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )




トラックバック トラックバックURLはこちら
http://sorryfull.blog8.fc2.com/tb.php/2278-68d471c7



<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>