無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
" 切なく、儚く、愛おしく。"
ポートレイト、スナップ、カメラレビューなど。

<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



      スポンサーサイト

      [ スポンサー広告 ]   --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)  |   トラックバック(-)



      「繊細」 FUJIFILM X-Pro1 レビュー その1

      [ レビュー ]   2012/04/22(日)


DSCF0660.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF60mmF2.4 R Macro


15622-304-273655



X-Pro1には「繊細」という言葉がよく似合う。
解像感高く階調豊かな写真は、色も形も繊細に写し出す。

はじめてメガネをかけたとき、遠くまで鮮明に見える景色に
感動を覚えたのだが、X-Pro1の写真を見た時もまさに同じ
ような気持ちになった。


一方で、扱いにもある種の繊細さが要求される。
特にAFだ。



DSCF0252.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF35mmF1.4 R


APS-CサイズのコントラストAFであることを考えれば、AF速度は
かなり速い方だと思う。

ただし、近接撮影時には「マクロ」モードに切り替える必要がある。
これはつまり、稼働するフォーカスの範囲を半分に分けることにより
(かつ、その切り替えを手動に任せることで)フォーカス速度を半分に
短縮するというトリックだ。

ちょっと手動の切り替えが面倒だと感じる時はあるが、これでAF速度が
高速化されていることを考えれば我慢できる範囲だ。



imgCA8TELRV.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF60mmF2.4 R Macro


一つ困るのが、合焦時に液晶モニターが一時停止してしまうことだ。
つまり、ピントを合わせている間、モニタ画面が止まってしまうのだ。

そのため、静物を撮影するのであれば問題ないのだが、動体を撮影
する際に難儀してしまう。


たとえば、動いている被写体の瞳にピントを合わせていても、いざ
ピントが合った時点で、既に被写体が画面からいなくなっている
ことがある(笑。

光学式のファインダーを利用すればこの問題は回避できるものの、
レンジファインダー故に視差が生じてしまうのと、ピントが確認
できないという新たな不便さが発生してしまう。



DSCF0609.jpg
FUJIFILM X-Pro1 + XF60mmF2.4 R Macro


もう一つ、AFの動作にも癖があり、ピンが来る時は来るのだが、
来ない時はさっさと諦めてしまうのが気になった。

2mぐらい離れた人物の瞳にフォーカスポイントを合わせた状態で
テストしたのだが、シャッターボタンを半押しにする度にピンが
来たり来なかったりするのだ。


全般的にみればAFの精度は高いのだが、このフォーカスを外す現象は
ちょっと不思議だった。



IMG_6844.jpg




コメント ( 2 )  |   トラックバック ( 0 )


AFについて (kitada #Ukt/.ibU URL)
はじめまして、ブログ拝見させていただきました。
最近、X-Pro1を買いましたが半押しするたびにピント
がこないことが多くあります。しつこくこないことが
あります
[ 編集 ]


 (しょういち #- URL)
おお~!同じ症状の方発見!

近接撮影であればマクロモードに切り替えることでスイスイ
ピンが来るようになるんですが、近接でもないしコントラストが
はっきりしている場所にフォーカスポイントを合わせているので、
なんでこんな挙動になるのか不思議なんですよね~。

ファームアップ等で改善されると良いですね!
[ 編集 ]




トラックバック トラックバックURLはこちら
http://sorryfull.blog8.fc2.com/tb.php/2244-6b3de4ed



<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。