無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
" 切なく、儚く、愛おしく。"
ポートレイト、スナップ、カメラレビューなど。

<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



      スポンサーサイト

      [ スポンサー広告 ]   --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)  |   トラックバック(-)



      斎賀和彦先生によるセミナーは本日18:30から

      [ レビュー ]   2012/03/09(金)


IMG_9950_2_20120309074727.jpg

先日もサイカ先生EOS 5D Mark III SPECIAL EXPERIENCE
セミナーで使用する作例撮影のお手伝いに行ってきました。

サイカ先生のセミナーは本日3/9の18:30から、品川のキヤノンSタワー
3F キヤノンホールSで開催されます。事前申し込み不要、入場無料
です。




さて、5D Mark IIIですが、Mark IIIが2200万画素になったのには
理由があったそうです。

Canon EOS 5D markIIIが2200万画素になったワケ


動画撮影時には、撮影した映像がフルHDサイズにリサイズ(+クロップ)
されます。その際、元の画素数がフルHDの整数倍であれば、モアレや
ジャギーを回避しやすくなりますし、複雑な処理をしなくても済むので
バッテリーの消費を抑えることも出来ます(特に動画撮影はバッテリー
の消費率が高いです)。

さらに、発熱量も抑えることができるでしょう。


こういったことからも、5D Mark IIIは動画性能を重視したモデルで
あることがわかります。

とはいえ、ライバルであるD800には3630万画素と大きく水をあけられて
いますし、上位機種である1DXは1810万画素と5D3よりも画素数が少ない
ですから、今後画素数を重視したモデルが登場する可能性は高いと
思います。



と、ココまで書いておいてなんですが、ボクは用事がありサイカ先生の
セミナーに参加できない、というのは内緒ですヒョ。

ゴメンナサイ…笑。





コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )




トラックバック トラックバックURLはこちら
http://sorryfull.blog8.fc2.com/tb.php/2224-e5d20614



<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。