無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
" 切なく、儚く、愛おしく。"
ポートレイト、スナップ、カメラレビューなど。

<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



      スポンサーサイト

      [ スポンサー広告 ]   --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)  |   トラックバック(-)



      CANON EF 24-70mm F2.8 L II USM、EF24mm F2.8 IS USM、EF28mm F2.8 IS USM 【CP+2012】

      [ レビュー ]   2012/02/10(金)


IMG_4851.jpg

キヤノンブースでは、新発表された

EF24-70mm F2.8L II USM
EF24mm F2.8 IS USM
EF28mm F2.8 IS USM

それぞれのレンズやIXY1とIXY3を触ってきました。
PowerShot G1Xも色々とお話を聞きたかったのですが、
サイカ先生のセミナーが始まる直前ということもあり、
あまりの混雑ぶりに断念w。



まずはレンズのお話。


IMG_4841.jpg

9年ぶりのリニューアルとなったEF24-70mm F2.8L II USM。

気になる描写性能ですが、現行のEF24-70と比較すると、
新型は周辺の画質を大幅に向上させたそうです。なるほど、
それで径が77mmから82mmに拡大したわけですね。


ナナニッパが77mmなので、今までは24-70とナナニッパを
持ち歩く際フィルターは1サイズで済んでいたのですが、
新型を手にした場合、2サイズのフィルターを用意しなければ
いけなくなります。

が、EF16-35mm F2.8L II USMはフィルター径が82mmなので、
16-35と持ち歩く際にはワンサイズで済むようになりましたw。


「中央の描写性能ももちろん若干向上はしていますが、主に
周辺」とのことでした。ということは、周辺にそれほど
こだわらない人は、これから値が下がるであろう現行型を
手に入れるチャンスが到来したということになるでしょう。



また、現行型ではフードは固定式でズームさせてもフードの
位置は不変でしたが、今回のモデルからレンズの先端にフードが
付く形状に変更されました。

固定式の方がフードの効果が最大限に発揮されるため、これは、
何か光学的な理由があるのかと思っていたのですが、単に
EF100mm F2.8Lマクロ IS USMのデザインとあわせたから、
だそうです。

この回答にはちょっと肩すかしを食らったような感じでした。
が、100マクロは確かに、どことなく外観がセクシーなんです
よねぇ(笑。

今後の赤ハチマキLレンズはこのセクシーなデザインで統一
されていくのかもしれません。



さらに、前玉・後ろ玉にフッ素コーティングされ汚れにくく
なっている他、全長が短くなり重量も軽くなっています。


IMG_4844.jpg
(モデル:紗々さん

軽量小型化とセクシーなデザインが相まって、女性が持っても
ゴツさがなく、そんなに違和感のないスタイルではないでしょうか。
って、これはフードを装着していないからかもしれません(笑。



次に、EF24mm F2.8 IS USM と EF28mm F2.8 IS USM ですが、
どちらもISが付き、USM化された非Lレンズとなります。

広角単焦点レンズとしては世界で初めて手ブレ補正を搭載。
さらに従来型に比べ最短撮影距離が縮まったので、撮影の
自由度が向上しています。


IMG_4837.jpg

IMG_4838.jpg

お値段や画角の割にはコンパクトで使いやすそうですが、
逆からいうと見た目の割にはややお値段の高いレンズ
ということにもなりそうです?w



広角レンズながら手ぶれ補正を付けたのは、最近のデジタル
カメラは高感度特性が良く、それに伴い、ユーザーが夜景
などを撮影する機会が増えたから、とのこと。

レンズを明るくするという選択もありますが、そうすると
どうしてもレンズは重く大きく、そしてお値段も高くなって
しまいます。

そこでその部分はセンサー性能に任せ、明るさをF2.8に
とどめる代わりに、手ぶれ補正(約4段分の効き)や画質に
注力することで、より手軽に夜景撮影を楽しめるレンズに
仕上げたそうです。



確かに、高感度時のノイズ特性がどんどん良くなるに従って、
今までは三脚を持っていない限り撮影したいと思わなかった
ようなシチュエーションでも、積極的に手持ちで撮影する
(できる)ようになりました。

つまり、暗さに対して撮影の限界値がどんどん上がっている
(=手ブレの誘発度が上がっている)わけで、従来言われて
いたような「広角だから手ぶれ補正は不要」、「明るいレンズ
だから手ぶれ補正は不要」といった考えは古くなってきている
のかもしれません。


…エ?

ということは、いよいよ50mmF1.4とかにも、近い将来ISが
付いちゃうんですか?どんどんお願いシマス(照。




買うなら24mmの方かな、と思ったのですが、よくよく考えて
みたら、EF24mm F1.4L II USMを持っていたという…w。
35mmの噂もありますし、ここは我慢かな~。


お忙しいところ色々と質問にお答えくださり、
ありがとうございました…!




コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )




トラックバック トラックバックURLはこちら
http://sorryfull.blog8.fc2.com/tb.php/2201-59443744



<< 新しい記事 | 最新の記事 |  古い記事 >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。