無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
光のポートレイト ~切なく、儚く、愛おしく。

<< 新しい記事 | 最初のページへ |  古い記事 >>



      桜 2014

      [ 風景 ]   2014/03/31(月)


DSC04347_HDR.jpg

α6000 + E 10-18mm F4 OSS
(ブラケットした3枚でHDR処理)

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      トワイライト ポートレート

      [ ポートレイト ]   2014/03/28(金)


5R0A2777s_20140328092142d0c.jpg


(使用機材)
ニッシンジャパン MG8000 x3 (左右と後ろ)
イメージビジョン ROGUE GRID + ROGUE Grid 用フィルターキット

(協力)
ニッシンジャパン株式会社
イメージビジョン株式会社

(モデル)
紗々

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      avanti&oasis 表参道グランドサロン イベント

      [ レポート ]   2014/03/28(金)


先日のavanti&oasis表参道グランドサロンのイベントに、
私の写真のファンの方が駆けつけて下さいました。


私のFacebookページは毎日チェックしたり、同じような写真を
撮ろうとスピードライト4台使って撮影されているというお話を伺い、
とても嬉しかったです。

(なお、Facebookページは毎日更新しておりません、ごめんなさい笑。)


特に、今は「綺麗な写真」というだけではなく、さらにそこに「撮って
みたくなる」「撮られたくなる」という付加価値を付けることを目標に
しているので、とても嬉しいお言葉でした。


自分は、写真を見て下さる方々に支えられているんだなあと改めて再認識
しました。大切な休日のお時間を割いてまで、足を運んで頂きありがとう
ございました…!



と、思っていたら、まだまだ続きがありw、なんとブログ記事も書いて
頂きました
。重ねてありがとうございます…!



_DSC1530_.jpg

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      ミラーレス 続々

      [ レビュー ]   2014/03/22(土)


DSCF1593-Edit.jpg
X-T1 + XF56mmF1.2 R


ここのところ魅力的なミラーレスが次々とリリースされている。
そしてそれらの熟成具合が凄い。

気がつけば、去年年末から今までで買ったミラーレス機はGM1α7E-M10X-T1
α6000と5台。。もちろん、それぞれに狙いや用途があり、その基準に達しなければ
手放してしまう予定なのだが、それにしても充実している。



最初に買ったのはGM1。これに75mmF1.8を付けると、超小型換算150mmF1.8の
スナップマシーンのできあがり。シャッター音が小さい点も気に入っている。
スナップばかりでなく、ポートレートも撮れる。さすがにマイクロフォーサーズは
イメージセンサーがちいさいので高感度は厳しくなるが、それでも一昔前に
比べたら格段に良くなっている。

ただし、手ぶれ補正が無いため、75mmを付けていると(手ぶれを防ぐために)
やたらとシャッター速度もしくはISOが上がってしまう。それと、背面液晶が
チルトしないので、ウエストレベルからの撮影が困難なのが欠点である。

という不満を週に一回ぐらいつぶやいていたら、「オリンパスのE-M10なら
手ぶれ補正付いてるし、背面液晶もチルトしますよ」と言われたので、E-M10も
試してみることにした。ブラックを選んだのでまだ手元には届いていないが、
期待は大きい。


マイクロフォーサーズ機は、解像感も高感度画質もかなり良くなり、ブログに
掲載する程度の大きさであれば他の機種と比べても遜色はなくなってきたが、
大きいサイズで使ったり、高感度を多用するのであれば、より大きいセンサー
を積んだカメラが有利となる。

というわけで、APS-Cサイズのセンサーを積んだα6000とX-T1だ。


DSC03731.jpg
α6000 + E 10-18mm F4.0 OSS


α6000は既にレビュー記事を書いたが、とにかくAFが速いのが特徴だ。

旧来のミラーレスカメラの最大の弱点はAFの遅さであり、AF-C(コンティニュ
アスAF)の頼りなさであったが、α6000はそれを見事克服した。

さらに、コストパフォーマンスを重視しているのでファーストステップのカメラ
として非常に手を出しやすい。動き回る子供を綺麗に撮りたいという、ママ・
パパには最適な一台となるだろう。


なにげに画素数も凄くて、フルサイズ機たるα7と同様6000 x 4000ピクセルもある。
しかし、何故、水準器を外した?なんで、水準器を外したんだ?写真の種類に
よっては、水平を出すことが恐ろしく重要なことがあるのに…。



一方のX-T1は画質番長。解像感と高感度画質はAPS-Cカメラではダントツ。
X-T1の印象はざっとここに書いたが、高感度画質に関しては、フルサイズにも
手が届くのではないかというレベル。

従来のXシリーズで、既に画質的にはフルサイズに追いついてきているので、
あとはファインダーサイズ…なんて思ってたら、EVFもドでかくなった(笑。
α7のEVFよりも広い。

Xシリーズ中最もバランスの取れた機種に仕上がっている。外観上の特徴から
女子に人気があるのもポイントだ。



そしてフルサイズ機のα7。現在α7にはSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAと、
ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIの二本を使っている。

基本的には


私は高感度を多用するため、イメージセンサーが大きくて高感度に強いフルサイズ
は、いわば必須条件だったのだが、Xシリーズの台頭により、徐々に疑問符が生じ
つつある。とはいえ、今のところAF速度はα7の方が速いので、α7がサブカメラと
してのレギュラーポジションをキープしている。


ただし、α7はまだ出たばかりなので、レンズのラインナップが弱い。いくつか
出ているがF4通しレンズが多いので、作品撮りなどにはなかなか使いづらい。
これからが期待される。早く135mmF2.0が出ないかと、ずーっと夢見ているw。

まれに起動すると5秒程度待たされる(バージョンアップ後も同様)、アイセンサー
の感度が良すぎるので、ウエストポジションで撮影しようとするとセンサーが体に
反応してしまい液晶モニターが消えてしまう、といった不満もあるが、トータルでは
非常に満足度の高い機種である。

手ぶれ補正付きのモデルが出てくれれば…最高ですw。



コメント ( 2 )  |   トラックバック ( 0 )



      舷窓

      [ スナップ ]   2014/03/18(火)


DSCF1686-Edit.jpg

X-T1 + XF35mmF1.4 R


かつて船員が、大海原の上でこの窓を覗きながら陸の生活を
懐かしんだ思いが、今にも伝わってくるようではないですか。


…なんてphoto.yodobashiっぽいコメントを考えながら、
photo.yodobashiっぽいのを撮ってみた。



さすがの解像感。APS-C最高レベルの解像感というのは過言ではない。

窓の傷、壁のてかり、金具に巻き付いたテープの質感、
少し変色した真鍮の重厚感。

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      H.I.S. アバンティ&オアシス 表参道グランドサロンさんとのコラボ企画

      [ レポート ]   2014/03/17(月)


avanti&oasis表参道グランドサロンさんとのコラボ企画です!
私が皆さんを撮影させて頂きます。


snap25.jpg



--------------------
☆緊急開催☆スペシャルイベントのお知らせです♪
3月23日(日)は表参道フェスタを開催します!

今回はなんと!大人気フォトグラファー浅岡省一氏を迎えての
『私服フォト撮影会』を行います。

◆日時◆
3月23日(日)/4月20日(日)
11:00~19:00
◆お申し込み◆
無料・ご予約制

◎5カットデータ無料プレゼント!!!!

大人気フォトグラファーに無料で撮影してもらえるチャンス♪
最近更に活気を増している表参道エリア☆
表参道デートの思い出作りにいかがですか??
ご予約お待ちしております!

H.I.S.アバンティ&オアシス表参道グランドサロン
東京都渋谷区神宮前4-3-3
バルビゾン7番館B1F
(表参道駅A2出口出てすぐ)
tel:03-5775-0761
--------------------

詳細はこちら


表参道でデートするご予定があるかたは是非お越し下さい。
デートのご予定がない方は、コレを口実に異性をデートにお誘い下さい。
便利でしょw。



コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      ポートレート

      [ ポートレイト ]   2014/03/17(月)


5R0A6661-Edit.jpg

5D Mark III + EF50mm f/1.4 USM
model: 紗々




コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      素早いとはこういうこと α6000レビュー

      [ レビュー ]   2014/03/17(月)


α6000が届きました。


DSC03623.jpg
α6000 + E 10-18mm F4 OSS
ISO100 F5.6 1/80sec. 10mm


α6000の売りはなんといっても、高速なAFと、動く被写体に対するAFの
追従性能の高さです。像面位相差AFセンサーが画面のほぼ全域をカバー
したことにより、被写体への反応や追随性が向上したのです。

簡単に言うと、「ピントを合わせる速度が速いし」「動く被写を追いかけ
ながらピントを合わせ続ける能力も高い」カメラです。

連写性能は最高約11コマ/秒。一秒間に11枚、動き回る被写体にピントを
合わせながら連写ができてしまいます。Jpegならその速度を保ったまま
49枚も連写できちゃいます。私が以前使っていたNEX-5Rは、連写すると
すぐにバッファが一杯になって連写速度が落ちてしまっていたのですが、
α6000なら「いやいや、もうそのぐらいにしとけって」って心の中で自分に
突っ込むほど、無駄に連写してしまいます。



これがもう、無茶苦茶気持ちイイです。「じっくりしっかりシャッターを
切る愉しみ」という対極にあるカメラだと言えます。とにかくアチコチ素早く
レンズを向けて、がんがんシャッターを切りまくることができる。

コンパクトな軽機関銃を振り回している気分です。いや、もちろん、α6000を
使って、"じっくりしっかり" シャッターを切って何ら問題は無いのですが、
この軽快さは病みつきになります。

そのため、動き回る子供やペットをメインの被写体にするのであれば、抜群に
お勧めのカメラです。ムービー撮影時のAFもすいすい来ます。


snap24.jpg
動き回る子供を撮影。全てフォーカスが来ています。



私は5Rをリプレイスする目的で買ったのですが、α6000には5RにはないEVFが
付いているので、晴天下で液晶モニターが見えない!という時にも大丈夫に
なりました(笑。EVFはNEX-6から比較すると画素数が低下していますが、
自分はそもそもEVFがなかったNEX-5Rからの上がり組なので、構図が確認
できるだけで嬉しいです(笑。

ちなみにWEBサイトによると、液晶モニターの明るさも強化されて見やすくなった
そうなので、EVFがなくてもある程度は大丈夫なのかもしれません。ちなみに
明るさ設定「屋外晴天」は健在です。

瞳AFも実装されていますが、別ボタン(デフォルトでは中央ボタン)を押す必要が
あります。また、AF-Cでは瞳AFが使えません。



ちなみに、X-T1を使っていてAFの立ち上がりが遅く感じることがあったので調べて
みたのですが、X-T1はAFモードを「オートエリア」にすると(つまりマルチポイントAF)
一度デフォーカスしてから(大きくピントを外してから)フォーカスを合わせようと
するので、初動でもたつきます。AFモードの設定を「エリア選択」にしていると
(つまり一点AF)、素早くAFがあいます。プリAFをONにしていてもこれは変わり
ませんでした。

推測するに、オートエリアモードでは、一度フォーカスを大きく動かすことによって
主要被写体を探っているのではないでしょうか。そのため、オートエリアAFを使って
カメラお任せで咄嗟の撮影をしようという場合にフォーカスが遅れることがありました。

一方でα6000は、フォーカスエリアをワイド、ゾーン、中央、フレキシブルスポット、
どれにしていてもAF速度は立ち上がりから高速です。



唯一残念な点は電子水準器が搭載されなかったことです。風景を撮るときには非常に
便利ですし、また、ローアングルから撮影する際は水平感覚が狂うので、そんな時に
電子水準器はとても有益な機能です。とても残念…というか不便…というか、水準器が
無いせいで、購入を悩んだぐらいです。ストロボ外してもいいから水準器欲しいわ…。
アプリでアップデートとか無いんですか(無理。



GM1、α7、X-T1、と使っていて、それぞれの機種にそれぞれの凄さを感じているのですが、
α6000も「こいつすげぇ」と感じるカメラでした。

この凄さは実機で体感するのが一番だと思います。



コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )




<< 新しい記事 | 最初のページ |  古い記事 >>