無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
光のポートレイト ~切なく、儚く、愛おしく。

<< 新しい記事 | 最初のページへ |  古い記事 >>



      夜景ポートレート(ストロボシンクロ撮影)が合成に見えるワケ

      [ レポート ]   2013/04/23(火)


最近、撮影の際にスピードライトを設置し始めると「出た!!合成の元!!」と、
スタッフから笑われるようになりました(笑。



たとえば最近アップしたこの写真。

5R0A6661.jpg

合成に見えるというコメントを頂きました。



実はその感覚は普通です。違和感を感じるのが当たり前なのです。
そこで、今回は何故この写真が合成に見えるのか、違和感を感じるのか、
解説したいと思います。



上の写真と同じ時に、ストロボを使わないで撮った写真がこちらです。

5R0A6663.jpg

最初の写真と少しカメラの設定が違うのですが、ほぼ同じ設定で撮ったと
考えて下さい。背景の感じは最初の写真と同じですが、モデルが暗く沈んで
います。光が当たってないんですね。

もう少し詳しく見てみると、モデルの足下に影が二つできています。影は
左方向に一つと、左斜め手前方向に一つ。つまり、半逆光とサイド光が
当たっていることを意味します。これでは当然顔側が暗くなってしまう
わけです。



それでは、とばかりに露出設定を上げて撮影すると…

5R0A6663-2_20130423163144.jpg

顔は明るくなりますが、背景の色の深みが無くなります。



そこで登場するのがストロボです。背景をそのままに、モデルさんだけを明るく
撮ることを目的として、ストロボを利用します。

今回は顔の向かって左側が暗くなっているので、ストロボを左手前から飛ばして
撮影しました。

5R0A6661.jpg

足下の影を見ると右斜め奥に影が伸びているのが分かります。左手前からストロボを
飛ばしている証拠です。鼻にできている影を見比べてみても、ストロボを使っていない
写真と逆方向に影ができているのが分かると思います。


コツは、ストロボを使わない時の撮影と同じ露出設定にすることです。そうしないと
背景が暗くなってしまいます。たとえばこのカットは、1.3sec F8.0ISO400という
設定で撮っています。

1.3秒というシャッター速度なので、当然カメラは三脚に載せています。また、
モデルさんにもこの秒数を伝え、その間できる限り動かないようにお願いします。


実際、人間が1.3秒間全く動かないというのは不可能ですが、多少のブレなら
(ストロボが光った瞬間にブレてなければ)あまり写真には写らず、目立たない
ので大丈夫ですし、多少ブレたとしても意外と良いアクセントになることもあります。

ただしこのモデルさんはプロの方なので、1.3秒という無茶な設定で撮影しています。
慣れていないモデルさんの場合は、0.3秒ぐらいから始めると良いでしょう。




さてここに、この写真を見たときの違和感や合成感の理由が隠されています。
それは、ストロボを使わない状態と、ストロボを使った状態では、モデルに当たる
光の方向が真逆だからです。

最初(ストロボを使わない状態)、モデルさんには、右奥と右側からの光が
当たっていました。ところが、ストロボを使ったカットでは、それとは逆方向の
光が、モデルさんにだけ照射されています。

その場に無い逆方向の光が、モデルさんだけに当たっている。これこそが、
違和感や合成感の原因なのです。


もちろん当てる光を弱めることでさほど違和感なく撮ることもできます。
教本などではそうやって撮るよう書かれている方が圧倒的なのですが、
ボクはこういう不思議写真が好きなので、ちょっと強めに当てています。




今回はスローシンクロ(シャッター速度を遅くしてストロボを使う撮影方法)で
撮った写真で解説しましたが、ハイスピードシンクロ(シャッター速度が速いまま
ストロボを使う撮影方法)でも、このような違和感を生じさせることができます。



この写真はハイスピードシンクロで撮影したカットです。


この写真も、モデルの光の当たり方がおかしい(モデルだけ別方向の光が当たって
いるのだから当然)、モデルのコントラストがおかしい(モデルだけ別の光が…略)、
背景とモデルのボケ方が違う(レンズの被写界深度があるから当然)、着物のフチに
合成した白い跡がある、故に合成だ、などと散々言われました。

ボケ方や合成の跡はともかく、光やコントラストについては、そこには無い光を
モデルだけに当てているのですから、そう見えるのは当然です。



ちなみに、着物の縁に合成の跡が…というのは、シャープネスの弊害だと思います。

BS3P8570.jpg

着物部分の原寸大切り抜きですが、着物の縁の部分にわずかな偽色が発生しています。
これがシャープネスをかける過程で強調されたのかと。



合成!合成!と言われるのはともかく、困るのは、そういったコメントを見て、
これらの写真が合成だと信じてしまう人が出てきてしまうことです。

はなから「合成」と決めつけられてしまうと、こういった類いの写真のムーブメントが
起きなくなってしまいますからねぇ…。


コメント ( 9 )  |   トラックバック ( 0 )



      晩春の雨

      [ ポートレイト ]   2013/04/22(月)


5R0A7569-s.jpg



撮影スケジュールは4月下旬。ここのところ気温も上昇していて、
モデルさんには比較的楽な撮影になると読んでいた。しかし、蓋を
開けてみれば、強い寒気のせいで外気温4-5度。おまけに強い雨。
撮影直前になっても予報は変わらず。撮影前は「小雨か、雨上がり
ならベスト」と考えていたものの、本降りはさすがに手に余る状態。

撮影前、モデルさんに決意の程を確認。びしょ濡れになっても
やれるとの心強い返事を頂いたため撮影を決行。

撮影中は3パターンぐらいのライティングを試した。ロケハンも無く、
初めての場所で初めてのシチュエーションだったので、もっと色々
試してライティングやポージングを煮詰めたかったが、時間をかけて
しまうとモデルさんが体調を崩す恐れがあったため、手早く撮影を
切り上げて撤収した。

このカットは撮影を開始してから2分後ぐらいのもの。まだ髪も
それほど濡れていない。(後半に撮影したカットは、髪もビショ
ビショになっている。)

実はこのカットのライティングは、撮影中にカメラの液晶モニターで
見たところイマイチだった(イマイチのように見えた)ので、スピード
ライトの設定をすぐに変えてしまったのだが、帰宅後PCのモニターで
確認したところ、この最初の状態がベストだった。

カメラのモニターのみで判断するには色々な危険が伴う好例である。
とはいえ、ノートPCを持ち込んで現地で確認しながら撮影できる
ような状態でもないので、とりあえず色々な設定を試して、帰宅後
ベストカットを選ぶ、という方法しかないのかもしれない。


地明かりだけで(スピードライトを使わず)撮影したカットも
あるので、また後日アップしたいと思う。


Facebookファンページより転載。)

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      GINZA KABUKIZA

      [ ポートレイト ]   2013/04/21(日)


891647.jpg


高校時代に一度だけ歌舞伎座で歌舞伎を見たことがあります。
その時受けた印象である「静と激」を、GINZA KABUKIZAの前で
表現してみました。

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      東京駅

      [ 風景 ]   2013/04/19(金)



コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      工場夜景

      [ ポートレイト ]   2013/04/17(水)



コメント ( 3 )  |   トラックバック ( 0 )



      ARTISAN&ARTIST

      [ レポート ]   2013/04/16(火)


DSC00540_20130416005942.jpg


アルチのストラップを買いました。

ちょっと長すぎるので、ストラップの先を切って短くし、切ったところは
ライターであぶって焼き締めました。



今まで三脚用のねじ穴を利用してつるすストラップ(BlackRapid系)を
使っていたのですが、この一般的な形状をしたストラップの方が手ぶれを
防ぐことができることを思いだし、用意した次第です。

撮影環境に応じて使い分ける予定です。



コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      男梅

      [ つぶやき ]   2013/04/16(火)


5R0A7028.jpg


箱買い!


コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      SONY DSC-WX170

      [ レビュー ]   2013/04/16(火)


5R0A7043.jpg


NEX-5Rを使うようになってから、サブカメラのポジションは完全に5Rになりました。

荷物を減らしたい時などは、一眼の交換レンズの代わりに5Rをカメラバッグに
入れておく位です(笑。フルサイズレンズよりもかさばらないし、レンズ交換は
不要だし、AFが効くムービーは撮れるし、なんて優秀な擬似的交換レンズなんで
しょう(笑。

とはいえ、5Rはズボンやシャツのポケットに入るサイズではありません。
オフショットなど、咄嗟の時のシャッターチャンスを手に入れるためには、
小さいカメラが一つ欲しいところ。


そんな風に考えていたところに、転がり込んできたのがキヤノンのPowershot N
の情報です。何コレ!小さい、おしゃれ、変わってる(←ココ重要w)。

コンデジはもうコレで決まりだな!と思いつつ、他のメーカーの情報も
チェックしていたら気がついちゃいました。Powershot Nの厚みは29.3mm。
しかーし!SONYのDSC-WX170は厚さが21.5mm(最薄部17.6mm)ということに。

縦横サイズだけでいえばPowershot Nの方が小さいのですが、体積はDSC-WX170の
方が小さい。Powershot Nは液晶モニタがチルト式なのでその分厚みがあるん
ですよね。


一般的な使い勝手から言えば、液晶がチルトした方がいいのですが、今回ボクが
求めているのは、咄嗟の時にサッと使えるコンパクトなカメラであること。それを
考えるとチルトなんかいらないのです。それに、ポケットにいれることを考えると
薄さは重要。

というわけで、DSC-WX170を買いました。ソニーのコンデジには、連写した写真を
高精度に重ね合わせることでノイズを軽減させる、手持ち夜景モードと、人物ブレ
軽減モードがあるのも決め手になりました。



実際使ってみると、これがもうアホみたいに便利です。この小ささと軽さで広角25mm
スタートで光学10倍ズームですしね。AFも結構早い。文句を付けるとしたら起動時間が
若干遅い(1.4秒)なぐらい。

タッチパネルなので、タッチした被写体をそのまま自動追尾する「追尾フォーカス」も
使えます。その代わり、WiーFi機能は無し。



購入前までは、Wi-Fi機能が無くても、タッチパネルがあったほうが自分の使い方に
合致してると思っていたのですが、うーん。実際に使ってみると、咄嗟に撮影する
時って、大抵片手で操作するのでタッチパネルはほとんど使いません(笑。

非タッチパネル&Wi-Fi搭載のWX200を買った方が良かったかな…漠。


コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )




<< 新しい記事 | 最初のページ |  古い記事 >>