無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
" 切なく、儚く、愛おしく。"
ポートレイト、スナップ、カメラレビューなど。

<< 新しい記事 | 最初のページへ |  古い記事 >>



      スポンサーサイト

      [ スポンサー広告 ]   --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)  |   トラックバック(-)



      HAKUBA GW-PROショルダーバッグ

      [ レビュー ]   2012/08/26(日)


「カメラバッグは6ヶ月に1個」というマイルールがあるのですが
ようやく届きました。

5R0A8124.jpg

HAKUBA GW-PROショルダーバッグ。



このカメラバッグに興味をもったきっかけはこちらの記事です。

ハクバGW-PROショルダーバッグ
こだわり満載のユニークなカメラバッグ




いや、これ、まだ使っておらず、あちこちいじった程度ですが、
本当によくできてます。色々考えて作られてるのがよくわかります。


ただし、大きいので普段使い(お散歩とか)には向きません。
あくまでも

・ 機材が多いとき
・ ついでに三脚なんかも持ち運ぶとき

などの時に活躍しそうです。



いやー、しかし、これも結構待たされました。SLIK FLAT 255 ほど
ではなかったのですが、オーダー入れてから一ヶ月以上待ったかな。

売れているのかもしれませんネ~。



スポンサーサイト

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      Artisan & Artist* ICAM-6000

      [ レビュー ]   2012/08/26(日)


仕事用も持ってる、お散歩用も持ってる、オシャレ用も持ってる。
でも、もっとカッコイイのが…!という人にオススメなのがこの、
アルティザン&アーティスト ICAM-6000

5R0A8113.jpg



ICAM-6000の最大の特徴がココ。

5R0A8115.jpg

うん。さすがアルチ、デザイン性を重視するあまり、収容力は
二の次になりました、って感じ(漠。

公式サイトには「デジタル世代の新定番となる大胆なカッティング」って
書いてありますが、いや、これ定番にはならないよ、きっと(笑。



なんて書くと収納力が無いように感じられますが、いやいや。
実は、5D Mark III と 大三元が全部入るんです。

BS3P3108.jpg

左奥から、EF70-200mm F2.8L IS II USM、EF24-70mm F2.8L USM
を付けた 5D Mark III、そして、EF16-35mm F2.8L II USM。

いや、実は自分もここまで入るとは思ってませんでした(笑。




BS3P3107.jpg

このまま閉めると、上部の細くなっている部分が少し出っ張って
しまうのですが…、



このようにボディの向きを変えて入れれば

BS3P3111.jpg




この通り!

BS3P3109.jpg



ただし、このバッグはもっと入れるレンズをコンパクトにして、スマートに
持ち歩くのが向いてます、念のため(笑。



メイン収納部の開口部は二カ所あり、前面側は大きく開いてカメラ収納部に
アクセスできます。

5R0A8116.jpg

カメラ収納部は、アルチではおなじみ、真っ赤な1cm厚のインナーケース。



背面側を開けるとノートPC収納部にダイレクトにアクセスできます。

5R0A8118.jpg



フロント上部のポケットは、内側が伸縮しない生地なのであまりモノは入らず。

5R0A8117.jpg

解説ページを見ると色々入りそうな雰囲気があるのですが、だまされては
イケマセンw。かさばるモノはノートPC収容部か背面ポケットに入れた
方が良いです。

レンズを付けた状態のカメラを収納すると、この部分がカメラと干渉するので
ますます小物は入れづらくなります。注意。




背面ポケットには

5R0A8120_20120826004440.jpg

サイカ先生も好印象の、ボタン受け側に指を入れて閉めやすくなる工夫が。




左右にはハンドルが。

BS3P3113.jpg

個人的にはここにポケットが欲しい(ペットボトルや電子虫よけ器を入れたい)
のですが、ハンドルになっていると、電車や飛行機などで高い場所にカバンを
置いた際、取り出しやすくなるという利点が。



BS3P3116.jpg

カラビナを利用して、サイドにLoweproのドリンクホルダーを固定してみました。
ここにペットボトルや虫よけ、ひどいときには(笑)交換レンズを入れてます。



欠点は、ショルダーストラップの変更ができないことと、側面ポケットがないこと
ぐらいです。あ、それから、お値段が少し高いことw。

オシャレ用途としてのカメラバッグは、

(白)DOMKE × bpr BEAMS / F-2
(白)マンフロット ウニカ・メッセンジャーバッグ 3型
(グレー)INCASE Ari Marcopoulos Camera Bag for SLR Camera

など持っていますが、黒でこういうシックな感じのオシャレバッグは持って
いなかったので、フォーマルでもカジュアルでも対応できてとても便利です。




コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      マクドナルド ホット ゴールドマサラ

      [ レビュー ]   2012/08/11(土)


車を走らせていたら、ラジオからゴールドマサラのCMが。
「うおーー!もう始まってたんか、アレ。」

というわけで、帰りに近所のマックでドライブスルーしてきました。


5R0A7826.jpg

今回は、受け取った時に袋の中を確認。
うん。ちゃんと全部入ってたw。




5R0A7831.jpg

購入したのはホット ゴールドマサラだったのですが、おや、これ、
おいしいぞ?笑

「ホット」という冠が付いてますが、ソースは辛みよりも旨みがたっぷり
なので、辛いのが苦手な人でも結構大丈夫だと思います。


バーガーを袋から出し、袋の上で食べたのでソースがぽたぽたと垂れましたが、
垂れたソースをポテトに付けながら食べるとこれまた美味しい(笑。

ぉお~。これ、いいんじゃない?


特に暑いに日はオススメ!
久々にもう一度食べたいと思った期間限定バーガーでした(笑。





コメント ( 2 )  |   トラックバック ( 0 )



      今日の夕焼け

      [ 風景 ]   2012/08/06(月)


BS3P3062.jpg





コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      SLIK FLAT 255

      [ レビュー ]   2012/08/06(月)


いやー、ようやく届きました、SLIK FLAT 255。
SLIKから出た二種類のギミック搭載三脚のうちの一つです。

BS3P3008.jpg



国内で凝ったギミックを搭載する三脚のメーカーといえばベルボンのイメージが
強かったのですが、今年の一月にSLIKがリリースした二種類の三脚は、そんな
イメージを覆すほど、興味深い物でした。


一つは脚を180度逆(真上)方向に畳むことで収納時の縮長を短くすることが
できるトラベレック225/255。そしてもう一つは、三本ある脚のうち二本を
スライドさせることにより、収納時の形状を平らにすることができるフラット
225/255



トラベレックのように逆方向に脚を折りたたむ三脚は、既に他社からリリース
していたので、それほど珍しくはないのですが、フラットの方は三脚史上初の
商品ではないでしょうか…?


一般的な三脚は収納時に三角柱のような形状になるため、どうしてもかさばったり
収まりが悪くなり、また、形状的に不安定でカメラバッグの上に軽く載せて移動
すると、転がって落ちることがありました。

ところがですよ、このフラット225/255なら、収納時に平べったい直方体になる
ので効率よく収納できるし、形状的にも安定するので持ち運びの時にも便利!
(のハズ。)



ちょうど、携帯に便利な少し小さめの三脚を探していたところだったので、フラット
255を購入。品薄で納期不明という状況だったのですが、ようやく手に入れることが
できました。

BS3P2997.jpg

携帯ケースがついてきます。ピッタリサイズ過ぎてちょっと出し入れしにくい。



二本の脚を手前にずらすとセット完了。

BS3P3010.jpg

驚いたことにロック機構は何もありません笑。カチッといって止まるだけ。
実際に三脚使用時にロックを解除するような力がかかることはまずないため、
これで十分なんだと思います。



BS3P3011.jpg

セット時に反対側(可動しない脚側)からみるとこんな感じ。



BS3P3013.jpg

耐荷重3kgをうたう雲台ですが、やや華奢な印象を受けます。エントリー
クラスのデジタル一眼レフカメラなら問題ないと思いますが、ミドル~
ハイクラスとなるとやや不安。



BS3P3014.jpg

水準器は三脚側と雲台側にそれぞれ一個ずつ。蛍光グリーンで見やすいです。



BS3P3018.jpg

センターポールがないため、ローアングルが簡単にセットできます。

ですが、ローアングルにセットするための脚のストッパーが、ロックのない
スライド式のタイプで、しかもちょっと緩いのです。そのため、普通にセット
しようとした時に、ストッパーが勝手に動いてしまいローアングルの開脚に
なってしまうことがしばしば。

ストッパーのフリクションは脚を外せばドライバーで調整できそうなので、
今度やってみようかな…。



BS3P3020.jpg

100マクロを付けた5D3を載せてみました。総重量は約1.6kg。FLAT 255の
最大耐荷重は3kgです。最大耐荷重はあくまで三脚が安全に載せることのできる
最大の重さであり、実際にブレを抑えて綺麗に撮ることができる最大の重さとは
異なることに注意してください。

カメラとレンズを合わせた重量を2倍にした最大荷重の三脚を選ぶと良い、と、
よく言われます。そういった意味ではギリギリの重量です。



ま、とはいえ、三脚がどうしても必要なときには最大荷重なんて関係ないわけでw、
三脚を忘れてしまった時や、荷物をこれ以上増やせないという時にこの三脚が
活躍してくれると思います。


(つづく)






コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      Manfrotto Tripods Experience

      [ レポート ]   2012/08/06(月)


Manfrotto Tripods Experienceで、私が制作したマンフロットLEDの使い方や
マンフロットLEDを使った撮影方法のムービーが掲載されております~!



これからも続々と追加される予定ですので、興味のある方は是非どうぞ!






コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )




<< 新しい記事 | 最初のページ |  古い記事 >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。