無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
光のポートレイト ~切なく、儚く、愛おしく。

<< 新しい記事 | 最初のページへ |  古い記事 >>



      EOS MはSかMか

      [ レポート ]   2012/07/25(水)


■ 「ようやく」誕生したEOS M




Nikon 1(ニコンのミラーレス機)の投入を「機は熟した」と表現したニコンに対し、
「“満を持して”ではなく、ようやく開発できた。ダウンサイジングと高画質の解に
やっと目処が付いたというのが正直」という言葉が印象的だったキヤノンのEOS M。

パナソニックから初のミラーレスカメラDMC-G1が発表されて約4年。最後のキヤノンが
ミラーレスを発表し、これで大手メーカーは全てミラーレスカメラを扱うこととなった。

ちなみにEOS MのMはミラーレスのMではなく、モビリティやミニのMだそうだが、
いやいや、本当はミラーレスのMだよね?笑


ミラーレスは、軽量小型という特徴はもちろんのこと、一眼レフ特有のボケを生かした
撮影、写真を印象的に加工できるアートフィルター、そして一部の層から強烈な支持を
受けているオールドレンズの活用といった特徴が受け、市場に浸透していった。

もちろんレンズ交換ができるという特徴もあるのだが、コアではない一般的ユーザーが
ミラーレスのレンズを交換しているシーンというのはあまり見かけない。そういった
意味では、EOS Mがまずは二本の交換レンズでスタートするというのも正しい方向なの
だろう。


かく言う私も、家にあるGF3には20ミリF1.7をつけっぱなしであまりレンズの交換は
しない。だが、複数のミラーレスボディを持つ私の場合、一台のボディと複数のレンズを
持ち歩くのではなく、一つのレンズをつけた複数のボディを持ち歩く方が多い。

これは、レンズ交換の手間が省ける(と同時にこれはシャッターチャンスを逃しにくく
なる)という理由があるからなのだが(でも歩きにくくなるw)、これもまた、軽量
小型なミラーレスだからこそ気軽にできる芸当だ。



■ イメージセンサーサイズはAPS-C


eosM_12.jpg

キヤノンEOS Mの大きな特徴は、イメージセンサーサイズが一般的なデジタル一眼レフ
カメラ(APS-C)と同じサイズであることだ。これは少し乱暴な言い方をすれば、一眼レフ
カメラと同レベルの画質ポテンシャルを秘めていることを意味する。

なによりも現時点で、APS-Cサイズのレンズ交換式ミラーレスカメラはSONYのNEXシリーズと、
FUJIFILMのX-pro1、そしてPENTAXのK-01に限られるので、その点で喜んだユーザーも
多いのではないか。


イメージセンサーサイズが大きくなればなるほど、ミラーレスカメラではAF速度が不利に
なる傾向があるのだが、EOS MはKiss X6iと同じく、イメージセンサーに(一眼レフカメラと
同じ仕組みの)位相差AF用の画素を組み込むことでフォーカス速度の高速化を図っている。

とはいえ、先行するマイクロフォーサーズ機などと比較するとAF速度はやや劣るらしい
ので、この点は今後の進化にも期待したいところ。



■ エントリーモデルという位置づけのEOS M

私は各メーカーのミラーレスを以下の3種類に分類している。一つは、ラインナップの頂点に
位置するミラーレス。これはコンデジを主力としたメーカーに多く、ミラーレスはコンデジ群の
頂点に位置するが、一眼レフカメラとのつながりは薄い。

もう一つは、コンデジや一眼レフとは独立した別カテゴリーとしてのミラーレス。それ単体で、
もしくは、メインで使うカメラは他にありそのサブとして使うカメラという位置づけになる。

「サブ機」という表現を使うと機能が劣っているように感じられるかもしれないが、この手の
モデルは得てして尖った機能を持つことが多く、「本気のツールとしてのバックアップとして
十分に機能するモデル」という意味合いが強い。


そして最後に、一眼のエントリーモデルとしてのミラーレス。これはミラーレスが一眼
レフカメラ・ラインナップの入り口に位置し、そこから続く一眼レフカメラへの架け橋に
なることを期待されたポジションとなる。

EOS Mがこの「一眼エントリーモデル」に位置づけられているのは明らかだろう。


もちろん、だからといってEOS Mがそれ単体で一眼レフカメラの代わりにならない、という
わけではなく、それ単体でも十分通用する性能を持った上で、さらに一眼レフへの架け橋と
しての役割を期待されているわけだが、この「一眼のエントリーモデル」としてのミラー
レスカメラは今までなかったように思う。

果たしてキヤノンのこの目論見が成功するのかどうか、とても興味深いところである。



■ EOS M は SかMか?


eosM_05.jpg


EOS Mより先に出た一眼レフカメラKISS X6iのイメージセンサーが、EOS Mの性能を
占う上で、一つのバロメーターになるというのはよく言われていたことだったが、まさか
EOS MのセンサーがKISS X6iとほぼ同等になるとは思っていなかった。

そのため、毎年一度はKISSシリーズのコンパクトさに憧れてKISSが欲しくなる病気に
かかっている私にとって、X6iをそのまま小さくしたようなEOS Mは、魔性の魅力を秘めた
カメラに見えてしまう(笑。


もちろんEOS MはハイブリッドとはいえコントラストAFを基軸に置いているため、EOS X6i
ほど小気味よくフォーカスが動いたりシャッターを切れるわけではないだろう。このように
相対的に比較すると若干見劣りしてしまうが、絶対的性能としては悪くない。

コンデジの代わり…というには少しボディの厚みがありすぎるが、荷物をこれ以上増やせない
際や、レンズ交換を極力抑えたいときのサブカメラとしては便利なカメラだと思う。


ただ、センサーサイズがAPS-Cというのが仇となり、ズームレンズはやはり大きめである。
これではせっかくのボディのコンパクトさをスポイルしてしまう。となるとレンズの基本は
パンケーキ型のEF-M22mm F2 STMになるだろう。将来的にはリリースするであろう50ミリ
位の薄型レンズをつけ、中望遠はEOS Mで、広角やナナニッパはフルサイズってやると楽そうだ。


ちなみに私はEOS MをEFマウントの延長に見てはいない。だって、せっかくの小型ボディが
大きくなったら意味ないじゃん?笑 というわけで、EOS MはS(EOSシリーズ)ではなくて
M(ミラーレス)として使いたい。

ミラーレスの利点はコンパクトなところにあるのだから、その利点を失いたくは無い。
とはいえ、いざというとき手持ちのレンズが装着できるというのは、緊急時も含めて
便利だと思う。




あ、そうだ。思い出した。
今年はポケットに入るサイズのコンデジを買おうと思ってたんだ…。
SONYから発表になった新型のWX170、タッチパネル搭載されたんだよね?
あー、あとね、そろそろ EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM が欲しいんだよね…。




オマケ

もう触ってきた人:CANON EOS M ミラーレスEOSを発表当日に体験してきました

もう見てきた人:EOS M を見に行ってきました(ただし外観のみ)




コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      ペプシ 塩スイカ

      [ つぶやき ]   2012/07/25(水)


みなさん、スイカには塩をかけて食べますか?
グレープフルーツには砂糖をかけて食べますか?


IMG_2122.jpg


ボクから一つだけアドバイス。


よい子のみんなは、コレ、まとめ買いしちゃ駄目だよ?


コメント ( 4 )  |   トラックバック ( 0 )



      マクドナルド ル・グラン

      [ つぶやき ]   2012/07/22(日)


P1030332.jpg

ル・グラン トマトを食べたのですが、んーーーーー、
バターソースがかなりイマイチ。これは外れだなあ。


P1030334.jpg

ソースがないところは味が薄すぎ、ソースがあるところは
癖がありすぎ、って感じでした。


というわけで、ゴールドマサラとオージーデリの期待大。
まあ、オージーデリは写真とは異なる盛りつけのバーガーが
出てくる期待(予感)も大なのですが…笑。



なお、トマトビックチキンは安定しておいしかったです。
マックの期間限定チキン系バーガーはいつも自分にとってイマイチ
なのでこれは想定外…!


ちなみに、今回はコーラーLがちゃんと入れてありましたw。

ですが、マックナゲットのソースが入っていませんでした(笑。
あの店、大丈夫かあ~~。





コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      富士山三連発 タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)

      [ レポート ]   2012/07/20(金)


タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)で撮影した
富士山です。


15869-304-282009



1_20120720084734.jpg
Canon EOS 5D Mark III + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
F3.5 ISO1600 25sec. 70mm (トリミング)

撮影時刻は23時頃。夜明け前に頂上を目指す登山者たちの光跡です。

本当はもっと絞りたかったのですが、風が強かったので解放から気持ち
絞って、弱い光を少しでも拾うようにISOは1600に設定。



2_20120720084733.jpg
Canon EOS 5D Mark III + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
F8.0 ISO100 1/200sec. 64mm

光の差し方が印象的だったのでパシャリ。



3_20120720090754.jpg
Canon EOS 5D Mark III + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
F5.6 ISO1000 1/50sec. 52mm

連休最終日の夜明け、午前4時27分。かすかに朝焼けしてくれました。
朝は弱いのですが撮影の時はバッチリ起きられます(笑。




コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      Google+

      [ つぶやき ]   2012/07/20(金)


ikukoさんにお誘い頂き、Google+の簡易なワークショップに参加してきました。



1)ローカルとはなんぞ?

もちろん、Google+は説明されないと使えないような代物ではなく、画面を
見ながらなんとなくいじってれば使えちゃうソーシャルツールなのですが、
改めて系統立てて学ぶことで、「この機能はこんな風に使うのを前提にして
たのか」とか、「この機能はこういう理由でそうなっていたのか」といった
感じに、今まであったモヤモヤがスッキリしたのでした。


また今回はローカルという機能を教えて頂きました。一応Google+アカウントは
持っていたものの、あまり使っていなかったため、この「ローカル」という機能は
初めて知りましたw。

一言で言うと食べログのような機能ですが、Google+というソーシャルツールと
結びつくことで、自分が(サークルに加えていることにより)ある程度信用して
いる人の意見を参考にできたり、その地域に詳しい人の意見を選別できる点に
特色があります。


このように、Google+の強みはGoogleの持つ各サービスやビックデーターと
力強く連携できる点にあります。これは反面怖さもあるわけですが、たとえば、
投稿が地図データーと連携して、その地図データーはストリートビューと連携して…
しかもそれらのデーターを全て自前で用意しているというのは、驚異的です。



2)遠いGoogle+

ですが、なんとなくGoogle+は遠い。身近なツール、手軽なツールというイメージ
からは少し離れた位置にあると感じます。なので今まで使っていませんでした。

帰宅してから、このGoogle+に感じる距離の遠さの理由を考えていたのですが、
わかりました。Google+は多機能故に遠いのです。


他のツールはシンプルなので目的を達成するためにワンアクションで済むのですが、
Google+はどうしても一手間多くかかってしまったり、もしくは、ある程度使わないと
シンプルに使う方法がわからなかったりします。名称がやや独特なのも一因でしょう。

ところが、既にこの世にはシンプルに使えるツールが存在しているので、わざわざ
Google+で試行錯誤する位なら、その手のツール…たとえばツイッターなどを
使っちゃった方が速いのです。



「何ができるのか」、「やりたいことへの最短距離はどこか」、こういったことが
もっとわかりやすくなれば、より使いやすいツールになりそうです。

…今回はそのためのワークショップだった、と、思うのですが(笑。



3)ソーシャルツールの難しさ

ソーシャルツールの難しさは、自分が「おもしろい」とか「使いやすいと」
感じたツールがそのまま役に立つというわけではない点にあると思います。

ソーシャルが故に、自分の友人や知人が使っている、もしくは、使いたいと
感じているツールでなければ、真価を発揮しないからです。

もちろん、新しいソーシャルツールを使うことで新しい人との出会いを体験
できるというメリットもありますが、既に構築したソーシャルメンバーを
失うというデメリット、もしくは、彼らを新しいツールへ誘う手間は決して
小さいモノではないでしょう。


そういった理由から、複数のソーシャルツールを使っている人がほとんどだと
思いますが、複数のソーシャルツールを同時に使うのも結構手間のかかる話です。

複数のツールを立ち上げたり閉じたりする手間はもちろんですが、さらに手間が
かかることがあります。複数のツールを利用しているユーザーは、一つの発言を
複数のツールに配信することが多いですから、自分が読む場合には他のツールで
見た同内容の発言を再度読んだり(目にしたり)、それらをスキップしなければ
いけません。


これらの手間を「面倒だ」と意識したことはなかったのですが、改めて自分の
行動を振り返ってみると、なんとまあ無駄の多いことなんだろうと感じます。

こういった事を一気にクリアしてくれるようなソーシャルツールが出てきてくれる
と良いのですが~~。


コメント ( 5 )  |   トラックバック ( 0 )



      カラフル×メロディを踊ってみた を 撮ってみた

      [ レポート ]   2012/07/19(木)




紗々さんとヲタノ娘さんのコラボダンスを撮影してきました。



撮影日は猛暑。

で、暑さはともかく、家を出てからナビをチェックしたら…車を停めようと
思っていた道路が封鎖中!閉鎖を示すアイコンをタップすると「デモのため
18時まで通行止め」と…。

そう、この日代々木公園では「10万人」を冠にした某デモが行われていたの
でした。



車は別の場所にある近くの駐車場に停めれば良いとして、問題なのはアプローチ。
デモの行進に巻き込まれると動けなくなってしまうので、慎重にルートを選定。

デモ渋滞が始まる手前で細道に侵入。車幅ギリギリの道をソロソロと進み、
なんとか渋滞をかわして到着!あれは我ながらナイスなナビゲーションでした…。



撮影中に驚いたのは二人の人気。人は集まってくるわ、話しかけられるわ、
それはそれは注目を浴びていたのでした。中には47時代からのファンの方も
いらっしゃって(子連れのイケメンお兄さんでした)、生47ファンを間近で
見ることができたことに、なぜか感動w。



撮影中は、半裸星人と、直射日光と、後ろから二人の色々なところをじっくりと
観察するオジサンとの戦いでした(笑。なるべく避けるようにしながら撮ったの
ですが、撮り直しなどの関係ですべてを避けることができず。まあ、それもまた、
踊ってみたっぽさがあっていいじゃないですか~(?w)


カメラアングルには入らなかったのですが「トム・クルーズ風の超イケメン
むきむきマッチョ外人ピチピチ短パンのみ着用」というボスキャラレベルの
半裸星人が、切り株みたいなところに片足をかけて絵になるかっこいいポーズ
のままこちらを見てた、ということもありました。

Would you dance with us? とか声かけて一緒に踊っちゃえばってレベル。



当日の様子および動画はこちらからどうぞ~。


紗々さん(Youtube)
【あね☆ささ】カラフル×メロディを踊ってみた!
代々木公園ダンス撮影!

ヲタノ娘さん(ニコ動)
【ヲタノ娘×紗々】カラフル×メロディ 踊ってみた【あね☆ささ】
YouTube高画質版!!【ヲタノ娘×紗々】カラフル×メロディ 踊ってみた【あね☆ささ】


5R0A6098.jpg



ちなみに、FC2でもYoutube貼れまっせw。







コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      5D Mark III と 1D X の 静音撮影モードの違い

      [ レポート ]   2012/07/18(水)


5D Mark III と 1D X、どちらにも静音撮影モードが用意されている。

5D Mark III には 「静音連続撮影」「静音1枚撮影」の2種類、
1DXには「サイレント1枚撮影(静音動作)」の1種類なのだが、
両者はかなり性格が異なる。

(両者の表現が異なるのは、WEBやマニュアルに基づいた表記の為。)


というか、1DXのサイレント撮影を5D mk3と比較すると「先生!これ
全然ウルサイです!」と言いたくなるぐらい違う。そのぐらい5D mk3の
方は静かなのだ。

5D mk3の静音撮影モードを利用し、日没時と夜明け時のインターバル
撮影(10秒間隔で4時間)を行ったあとに、1DXの静音撮影モードを
使ったら音が大きくてビックリした(笑。

(もちろん、1DXの静音撮影モードは、通常の撮影と比べれば静かに
なっているし、前機種と比較しても静かになっている。)



1DXはミラーの駆動やシャッターチャージを遅くするだけではなく、
シャッターボタンを押した時と離した時に音を分離することでさらに
静音化をはかっているのだが、それでも5D mk3の静音撮影モードの
方が(音を分離していないにもかかわらず)静かである。

そのため、深夜/早朝のインターバル撮影では、周囲に迷惑をかける
ことなく撮影できるし、寝ている子供の寝顔を撮影するのも容易い。





コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007) AFのお話

      [ レビュー ]   2012/07/08(日)


15869-304-280549


5R0A2410.jpg
Canon EOS 5D Mark III + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
F7.1 1/100sec. ISO100 70mm


実際撮影に使ってみるとフードの大きさから、キヤノン EF 24-70mm F2.8L USM
よりもコンパクトに感じられる。特に取り回しが楽。

ただ、新型のEF24-70mm F2.8L II USM(9月発売予定)はフード形状も似通って
いるので、そこまでの差は感じないと思う。



上の写真は、右手にタムロンA007を付けた5D Mark IIIを、左手には振り回すと
シャボン玉が作られるスティックを持ち、1.5mほどのやや不安定な脚立の上に座って
片手で撮影。

カメラ側の総重量は約1.7kg。片手で、しかもふわふわと動き回るシャボン玉を
追いかけるという、不安定な撮影ながらビシッとシャープに写し出すことができた
のは、タムロンA007に内蔵されている手ぶれ補正機能のおかげ。


ただでさえフォーカスを合わせにくいシャボン玉をここまで緻密に写し出した
AF精度に不安は一切ない。



5R0A2414.jpg
Canon EOS 5D Mark III + SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
F8 1/250sec. ISO100 24mm


フォーカスを無限遠にあわせて50cmほどの距離にあるストップウオッチを撮影して
比較してみたところ、フォーカス速度はわずかながら純正(EF 24-70mm F2.8L USM)
の方が速かった。

ただしその差は0.2秒程度の差であり、まだフィールドで撮り比べをしていないので
最終的な判断はできないが、今のところ体感的なさほど差は感じられない。



来週は一気に撮影を行う予定。





コメント ( 4 )  |   トラックバック ( 0 )




<< 新しい記事 | 最初のページ |  古い記事 >>