無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
光のポートレイト ~切なく、儚く、愛おしく。

<< 新しい記事 | 最初のページへ |  古い記事 >>



      今日の夕焼け

      [ 風景 ]   2012/01/31(火)


DSC00978.jpg



コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      ルンバ537(500シリーズ)を勝手にバージョンアップ

      [ レビュー ]   2012/01/25(水)


ルンバ537を愛用しているのですが、一つだけ気になっていた点が。

20091225-j7.jpg

ルンバ537(500シリーズ)は、このように「かき込む」と「吸い込む」の
二系統で掃除を行います。



「吸い込む」は、

IMG_4284.jpg
(537用のダストボックス。)


このゴム部分で行うのですが、ここがすぐ綿ぼこりで詰まってしまう
のです。そして、詰まった綿埃に他のホコリがどんどん付着していき、
まるで金魚の糞のように、綿ぼこりの大名行列を引きずるようになって
しまいます。



この原因が個体差にあるかもしれないと考え、これを改善すべく、
新しくダストボックスを買い直そうと思ったのですが、公式サイト
ではダストボックス単体を買うことができません。

そこで色々と検索してみたら、500シリーズ用のエアロバキュダスト
ボックスという物を発見!



これは日本未発売の、ルンバ532ペット対応モデル用のダストボックスで、
これを使うと、これまで別々に行っていた「かき込む」と「吸い込む」を
同時に行い、「かき込みながら吸い込む」ようになるそうです。

同じ500番台なので自分の537にも使えそう。



おや、待てよ。確か最新の700シリーズも「かき込みながら吸い込む」
方式になったんじゃなかったっけ?と思って調べてみたら、その通りでした。

img_08.jpg


ということは、この532用のダストボックスを装着することで、
私のルンバ537は最新の700シリーズに近づくということ!?

(* なお、532用のダストボックスは、700シリーズ用の新型ダストカット
フィルターが使われていないので全く同じというわけではアリマセン。)



早速購入して試してみました。

(* 正規日本代理店以外が販売しているオプション/消耗品を使うと、
メーカーの保証対象外となるのでご注意ください。)


IMG_4268.jpg


532用のダストボックスは黒と白があるのですが、手頃な価格で購入
できるのが黒しかなかったので、黒を購入。

私の537は本体が白のため、ツートンカラーになってしまいましたが、
これはこれでいい感じw。



IMG_4274.jpg

537ではゴムの吸い込み口があった場所は単なる突起になっていました。



これで本当にキレイに掃除できるのかな…と思い、恐る恐る動作させて
みたのですが、従来同様、きちんと掃除できているようです。

何よりも、従来だと髪の毛や糸くずがすぐブラシにからまって
あとからブラシを掃除する時非常に手間だったのですが、532用の
ダストボックスにしたところ、それが劇的に改善されました


従来のダストボックスだと、かき込むと吸い込むは別工程で、
ブラシでかき込まれた髪の毛や糸くずは軽いためダストボックスに
入らずブラシに絡まっていたのですが、532用のダストボックスに
変更すると「かき込みながら吸い込む」ようになるため、髪の毛や
糸くずがダストボックスに吸い込まれるようになったからです。


これは非常に便利。
ブラシの掃除がメンドクセーという人にお勧めです。



それから、ファンの形状変更によりノイズ特性も変わったようで、
耳につく高周波ノイズが軽減されていました。

とはいえ、全体的な騒音の大きさが大きく軽減したわけではなく、
静かになるわけではないのでご注意ください。あくまで、ノイズの
特性が変わっただけです。



ちなみに、人工知能を搭載している自動掃除機は、私の知る限り
ルンバだけです。

ルンバ(人工知能搭載)と、他社類似商品(人工知能非搭載)の違いを
カメラで例えると、オートフォーカスのあるカメラとオートフォーカスの
無いカメラ(たとえば使い捨てカメラ)ぐらいの違いがあります。







コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      Lightroom4パブリックβ プレビュー

      [ レビュー ]   2012/01/15(日)


Lightroomはバージョン1からずっと愛用しており、もはや
手放すことができないソフトの1つなのですが、その最新版
であるLightroom4パブリックβ版をSAIKA先生に触発されてw
使ってみました。



まず、大きな変更点として、「マップ」と「ブック」という二つの
モジュールが追加されたことが挙げられます。


5_snap034_20120115170927.jpg
(「マップ」モジュール)


マップは、撮影時のGPSデーターを元に写真を整理する機能です。
GPS内蔵カメラやGPS機器を持っていなくても、Eye-fiカードを
利用することで、おおよその撮影場所情報を記録することが
できます。

ブックは、デジタルフォトブックを作る機能で、現時点では
PDFとBlurb(Blurb.com)に対応しています。




次に、動画の編集/補正が可能になりました。


とはいえ、編集できるのは切り出しだけで、複数の動画をつなげたり、
一本の動画から複数切り出ししたり…というのはできなそうです。

また、補正もホワイトバランスや明るさ(露光量)、コントラスト、
彩度といった基本パラメーターのみですが、白レベル/黒レベルの
補正が可能なのは便利。

4_snap032.jpg


早速、Lightroom4パブリックβを使って動画を一本作ってみました。
ささっと45秒で完成。



撮影した動画をちょっと補正・編集してWEBに公開、といった用途
であれば役だってくれそうです。




現像モジュールでは補正ブラシに色温度、色かぶり補正、ハイライト、
シャドウ、ノイズ、モアレが追加されました。

4_snap030_20120115171605.jpg
(Lightroom4 パブリックβ)

3_snap037.jpg
(Lightroom3.5)

モアレ除去機能の追加はとても嬉しいニュースです。
が、できればこれを動画で使いたいですw。

(仕事でモニターを撮影したところモアレが酷くて悩んだことが
あったので…笑。結局、アナログ接続&モニターのシャープネス
設定を落とすことで回避しました。)



また、基本補正パネルの機能も若干変更になりました。

4_snap031.jpg
(Lightroom4 パブリックβ)

3_snap036.jpg
(Lightroom3.5)

慣れないと区別が難しかった「露光量」と「明るさ」でしたが、
4βでは「明るさ」を廃止。また、「白飛び補正」と「補助光効果」
「黒レベル」が「ハイライト」「シャドウ」と「白レベル」「黒レベル」
に変更されました。

プレスリリースを見る限りこれらの処理が向上しているとの
ことなので、楽しみです。




まだ、ざっと機能を見ただけなので、使ってみた感想は後ほど…!



コメント ( 3 )  |   トラックバック ( 0 )



      アキュラ NSXコンセプト & レクサス LF-LC

      [ つぶやき ]   2012/01/14(土)


今年のデトロイトモーターショーは熱かったですね…!


nsx-concept-detroit_20120114171016.jpg

アキュラ(ホンダ) NSXコンセプト


リーマンショックにより、V10エンジンFRレイアウトのNSX
後継モデルの開発が中止されたのは2008年末。

その1年後に開発がスタートしたこのNSXコンセプトは、
ハイブリッドV6エンジン搭載のミッドシップレイアウト。
うん。やはりミッドシップのスタイリング方がNSXらしい。

市販化は決定しており2015年を予定だとか。デザインはまだ
流動的とのことですが、いやー、デザインはこれこのまま
行って欲しいデスネ~~。



lexuslflcconcept007-628_20120114171015.jpg

レクサス LF-LC


レクサスLF-LCは、ほぼセダン揃いのレクサスラインナップに
新たに追加されるであろう2+2クーペ。

「いや、IS-Fのクーペバージョンを出してくれればいいんです。」
という私の心の中の声はともかくw、レクサスSCが生産終了後
寂しかったクーペラインナップだけに、発売されたら非常にホットな
存在になるのは間違いないでしょう。

座席レイアウトは2+2なのですが、画像を見る限り、リアは
レクサスSC並に狭い感じ(笑。


あくまでもデザインスタディモデルである、と試作であることを
強調していますが、似たようなモデルが数年内に市販される
可能は高く、その場合お値段は15万ドル(約1150万円)前後
だとか。




スタープレイヤーが存在すると盛り上がるスポーツ業界と
同様、こういった見ただけで魅力を感じられるマシンが君臨
してくれると車業界も盛り上がるのではないでしょうか。

とはいえ、もはや「ドライビングプレジャー」なんて、
「MP3よりもCDの方が音質が良いよ?」と言うのと同じ
ぐらい化石化した楽しみ方だと思いますが…笑。

コメント ( 2 )  |   トラックバック ( 0 )




<< 新しい記事 | 最初のページ |  古い記事 >>