無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
" 切なく、儚く、愛おしく。"
ポートレイト、スナップ、カメラレビューなど。

<< 新しい記事 | 最初のページへ |  古い記事 >>



      X-T1 二度目の大型ファームアップデート

      [ レポート ]   2015/07/10(金)


5R0A6865.jpg

X-T1のファームウエアVer4.0が公開されました。
Ver3.0に続き、2度目となる大型アップデートです。


まずなによりも驚いたのは、こういった「次機種に搭載してもおかしくない新機能」を、
さも当たり前のようにファームアップデートで提供したことです。

ファームアップデートでマイナーチェンジレベルの機能を追加して改善するということは
よくありますが、敢えてそこから一歩踏み込んで新機能を追加するのは、新しい機能を
追加することで末永くカメラを楽しんでもらう
というメーカーの素晴らしい姿勢の現れ
ではないでしょうか。



さて、アップデートの内容をざっと見てみましょう。Ver4.0の一番の目玉は動体に対応した
新型のAFシステムになります。「ゾーン」AFと「ワイド/トラッキング」AFが用意され、
動体に対するAFが強化されました。

私はX-T1で動きものはあまり撮らないのですが、それでもこういった機能が充実すると、
いざという時に役立ってくれるので嬉しいです。ポートレートを撮るつもりで動いていても、
突然のシャッターチャンスを見つけてスナップを撮ったりと、シャッターチャンスや被写体は
思いがけないところからやってくることが少なくないですから。


そして私がX-T1で不満を感じていた低輝度時(低コントラストや逆光、薄暗い時)のAF
性能ですが、今回のアップデートでかなり改善されました。数値的に言うとAFの低輝度
限界は従来2.5EVだったのですが、これが0.5EVになりました。

さすがに被写体の表情がほとんど確認できないような撮影では、LEDライトがないと
AFが動いてくれませんが(これはどのメーカーのカメラも同じ)、夕暮れ時の撮影など
ではかなりAFが機能してくれるようになりました。


また、瞳を認識して瞳にフォーカスをあわせる瞳AF機能が追加されました。これにより、
ぼけが美しい大口径単焦点レンズが多く用意されているXFレンズ群を、より手軽に
その性能を引き出して扱えるようになります。

顔キレイナビをONにすると(顔認識機能がONになり)、瞳AFが利用可能となります。
ここで嬉しいのはAFモードが「シングルポイント」でも瞳AFが動作してくれる点です。
そのおかげで、一瞬の表情を捉えようとカメラを素早く向けたときに、瞳AFが発動
しなければシングルポイントAFを利用して撮れば良いし、瞳AFが発動すればそのまま
構図を決めてシャッターをきれば良いので、より素早く柔軟にシャッターチャンスを
捉えることができるようになりました。

瞳AFはAUTO、右目優先、左目優先の3パターン用意されているのですが、AUTOを
使ってみると思ったよりも頻繁に奥の瞳にフォーカスが行くことがあります。AUTOは
手前の瞳というよりも、カメラお任せという感じでしょうか?


そして遂に(!)オートマクロ機能を搭載。近距離撮影時にはいちいちマクロ機能をONに
しないとAFがあわなかったのですが、ようやく自動でフォーカスできるようになりました。

マクロを使うときはテーブルフォトが多いので一瞬のシャッターチャンス勝負ということは
少ないのですが、一手間減るので快適に撮影できるようになります。



個人的にあと足りないと感じているのはAEブラケティングの幅がプラスマイナス1しか
ないことですね~。3ぐらいまでは欲しいかな。

また、Xシリーズは女性にも人気があるのでアドバンストフィルター(いわゆるアート
フィルター)のカスタマイズ機能を充実させるのも良いのではないかと思います。

たとえばトイカメラを選んだ場合に、被せる色をある程度選択できるようにしたり、
彩度や周辺減光の度合いを選べるようになると、よりフィルターを活用して写真を
撮ろうという気分になります。アドバンストフィルターを選ぶとホワイトバランスなどが
固定されてしまうため自分で色味をコントロールできなくなってしまうので、なおさら
なんですよねぇ。

あ、それからアドバンストフィルター利用時にもRAWを残す設定も欲しいなあ。
そうしてくれると二度撮る手間が省けます。



と、色々追加希望を書きましたが、さすがに次はないかな…?笑。

7/16にはXF 90mm F2 R LM WRが発売となります。こちらも楽しみです。

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      ジッパーが使いにくいのが残念。 THULE Covert Small Messenger Bag

      [ レポート ]   2015/04/05(日)


5R0A0418.jpg

カーキャリアで有名なメーカー、THULE(スーリー)が手がける新しいカメラバッグが
Covertシリーズ。耐摩耗性が高く防水加工が施されたツートン・オックスフォード素材と
鮮やかな水色のインナーの組み合わせが特徴的で、私も既に

Thule Covert DSLR Backpack
Covert DSLR Messenger
Covert Small Messenger Bag
Covert CSC/DSLR Sling

と、4種類購入しています(写真はCovert Small Messenger Bag)。


このCovertシリーズで特徴的なのが、折り紙から発想を得たというフレキシブルな仕切り。

5R0A0421.jpg

このように仕切りには予め折り目が設けられており、内容物に応じて変形してくれます。
そのため、仕切りを付け直すことなく、色々な大きさな物を入れることができます。


たとえばこのように…

5R0A0422.jpg

一番右端の区切りは狭くて、このままだとレンズが入りそうにないですが、

5R0A0423.jpg

仕切りがレンズに応じて形を変え、フィットしてくれます。


一般的なカメラバッグだと、仕切り板はここまでフレキシブルに変形してくれないので
そうはいきません。出かける前に、予め内容物の大きさに応じて仕切りをセットして
おいても、撮影中にあれこれレンズを入れ替えしていると、最初とは違う場所にレンズを
入れてしまい、あとからうまく入らなくなることが良くあります。テトリスのように、うまく
全部入るようにレンズを入れる場所を整理していると、シャッターチャンスを逃したり…。

Covertの仕切りならそんなことは起きません。


と、この仕切りはとても便利なのですが…。Covertのメッセンジャーシリーズには、上面に
ジッパーがあります。一見すると、いちいちフラップを開け閉めしなくても、このジッパーを
使って中に入れたカメラやレンズを出し入れできそうに見えます。

が、このジッパーはパソコンやタブレット用のもの。そのため、パソコンやタブレットの収納
ポケットが付いている背面側に寄せた場所にあります。そのせいで、このジッパーを使って
カメラやレンズを出し入れしずらいのです。

おまけにメインフラップを止めるバックルは素早く開け閉めしづらいというおまけ付き。


つまり、素早く開け閉めできるジッパーはレンズやカメラを取り出しづらく、その一方で、
レンズやカメラを取り出し易いフラップは素早い開け閉めが困難という…。残念です。



ちなみに、Covert DSLR Messengerは私にとってはやや大きすぎ。一方でCovert Small
Messengerbagはやや小さすぎ。この中間のサイズが出ればちょうど良いのですが~。


ついでに少し書いておくと、Covert DSLR Backpackはカメラの収納部が狭いので
撮影メインにはあまり向いていません。カメラやレンズ以外の物を多く持ち運ぶような
旅行向きと言えます。自重2.26kgはやや重いですが、ショルダーは疲れにくく、丈夫で
バック自体の厚みが薄いので取り回しはとても良いです。

また、Covert CSC/DSLR Slingはサイズの割には色々入ります。ワンショルダーでも、
たすき掛けでも使えるので、ミラーレスしか使わない人には最適です。


コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      「光のポートレート」を学ぶ ストロボライティング講座 第六回 @お台場編

      [ レポート ]   2015/03/26(木)


去年の11月のワークショップに引き続き、光のポートレートワークショップ @お台場編
が開催されました。

5r0a2777_2.jpg


光のポートレートワークショップとしては第六回目。@お台場編としては二回目のこの
ワークショップ。講義を終えて、参加者の皆さんと意気揚々と撮影場所に向かったところ
























IMG_6572.jpg


まさかの撮影場所水没w。


大潮恐るべし。




IMG_6576.jpg


コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      CP+2015 トークショー 「光のポートレートを作品と撮影裏話から紐解く」

      [ レポート ]   2015/02/17(火)


CP+2015 無事終了しました。トークステージにお越しくださった方々、色々ご不便等
あったかと思いますが、そんな中最後まで聞いて頂き有り難うございました。
皆様の熱意が強烈に伝わってくるステージでした。

普段ワークショップでは技術的な内容に始終しているため、CP+では現場での話や、
写真についての考え方・向き合い方などについてお話しました。皆様にとって参考に
なる内容が少しでもあれば幸いです。

それから、沢山のツイートやFacebbokの記事等、ありがとうございます。皆さんに
写真を見て頂けるからこそ、今の自分があるんだなあと、しみじみと実感しております。


今後とも宜しくお願いいたします。


img3_20150218095243f61.jpg
Photo by Masato Nakamura

img2_201502180952414d1.jpg
Photo by Koichi Ito

img1_20150218095239f85.jpg
Photo by Hirokazu Ebihara


img1_20150217094700550.jpg
img2.jpg
img3.jpg
img4.jpg



コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      CP+2015 トークセッションのお知らせ

      [ レポート ]   2015/01/25(日)


DSCF6290.jpg


CP+の最終日2/15(日)に12:10と14:30の二回、ニッシンブースで
トークセッションを担当します(両回は別内容です)。

ストロボを使った「光のポートレート」を中心に、お昼の回では屋内撮影を、
午後の回では屋外(夕景/夜景)撮影をテーマにし、普段語られることのない
撮影裏話を、皆さんの写真がちょっと良くなるヒントを交えつつお話しする
予定です。

皆さまのお越しを心よりお待ち致しております。


【CP+2015】
http://www.cpplus.jp/
(* 事前登録すると入場料無料となります。)

【ニッシンジャパン CP+2015】
http://www.nissin-japan.com/cp-2015.html

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      CP+2015 トークショーのお知らせ

      [ レポート ]   2015/01/13(火)


P1030031.jpg

CP+ 2015 ニッシンジャパンさんのステージで2月15日(日曜日)に
お話する機会を頂きました。普段語られることのない撮影裏話を、
皆さんの写真がちょっと良くなるかもしれないヒントを随所に交え
つつお話する予定です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

詳細は後日…!

[ニッシンジャパン]
http://www.nissin-japan.com/cp-2015.html

[CP+ 2015]
http://www.cpplus.jp/

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      「光のポートレート」 を学ぶストロボライティング講座 第5回 しっとりうるおい中級編

      [ レポート ]   2015/01/10(土)


dsc02940.jpg


【セミナーレポート】写真家Shoichi ASAOKAの「光のポートレート」 を学ぶストロボライティング講座 第5回 しっとりうるおい中級編

ワークショップのタイトルがどんどん長くなりますがw、先日講師を担当した
”ポートレートワークショップ 写真家Shoichi ASAOKAの「光のポートレート」 を
学ぶストロボライティング講座 第5回 しっとりうるおい中級編” のレポート
記事が、ニッシンさんのスタッフブログで公開されました。


中級編と銘打ったせいか、ポートレート撮影に長けた方々が集まりました。
かなりハイレベルなので褒めまくったのですが、もっと厳しく評価して欲しい
という声もあったので、次回からはもう少し厳し目に見ていこうかと考えています。

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )



      「光のポートレート」 を学ぶストロボライティング講座 第4回 お台場編

      [ レポート ]   2015/01/10(土)


_dsc5317.jpg


【セミナーレポート】写真家Shoichi ASAOKAの「光のポートレート」 を学ぶストロボライティング講座 第4回 お台場編

先日講師を担当した ”ポートレートワークショップ 写真家Shoichi ASAOKAの
「光のポートレート」 を学ぶストロボライティング講座 第4回 お台場編” の
レポート記事が、ニッシンさんのスタッフブログで公開されました。
ありがとうございます!


「雨天喜んで決行」という注意書きをわざわざ書き足しましたが、幸か不幸か
雨は降りませんでした(笑。

"レインバックストロボ"の生みの親としては、是非生きているうちに一度ぐらいは
雨の中でのワークショップを実現してみたいと願っております。雨が降ってしまうと
スタッフの負担は5倍以上に跳ね上がりますが…(スミマセン…!)。

コメント ( 0 )  |   トラックバック ( 0 )




<< 新しい記事 | 最初のページ |  古い記事 >>